sjrjikoen2
 
自動車ローンの時効援用の方法についてわかりやすくまとめました。
 
私も以前に自動車ローンを時効にした経験があるので自分が時効援用で困った点や、
わかりにくかったポイントなどもふまえて解説していきますね。
 
自動車ローンなどの各種ローンを時効にしたい思っている人に
読みすすめてもらえればうれしいです。
 
 
まず自動車ローンを時効するにはローンをしてから1円も返済せずに
5年以上たっていることが条件となりますね。
 
自動車ローンをしてから一回も支払いをしていない人は最初の返済日の翌日から5年で、
何度か返済している人は返せなくなった返済日の翌日から5年。
 
この時効になるための期間が過ぎていれば時効援用をして時効にすることができますよ。
 
 
時効の援用はそれほどむずかしいことではないので
ぜひこのサイトを参考にして時効援用をしてみてください。
 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談
24時間受け付け中!
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示を
してみませんか
アヴァンス行政書士法人 アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション
FD:0120-263-212 FD:0120-141-054 FD:0120-159-028

そもそも時効の援用とは

sjrjikoen3
 
時効の援用とは、債権者(お金を貸してくれた人や会社)に対して
あなたが「この借金は時効なので支払しません」と伝えること
をいいます。
 
ちなみに自動車ローンの債権者は、
ほとんどの場合がディーラーや銀行などの金融機関になりますね。
 
 
私は借金の時効ってテレビドラマなんかで見る刑事事件の時効と一緒で
期間が過ぎただけで勝手に時効が成立すると思っていました。
 
借金時効の場合は、ちゃんと相手にお金は返しませんと主張しないといけません。
 
そうなるとどんな方法で時効援用をすればいいのかなど疑問が出てきますよね。
 
次は時効の援用方法について具体的に説明していきます。
 

時効の援用方法について

sjrjikoen7
 
時効援用するのに1番いいのは、
内容証明郵便で「この借金は時効なので支払しません」という書面(時効援用通知書)を
貸主(お金を貸した人や会社)に送るという方法
になります。
 
なんかめんどくさいと思ったかも知れませんが、
わざわざ内容証明郵便で送るのにはちゃんと理由があるんです。
 
内容証明郵便とはいつ誰がどのような内容の書類を送ったのかを
郵便局が証明してくれる郵便サービスのことです。
 
時効援用は電話したり普通の手紙でもすることもできるんですが、
相手に「時効なんて聞いていない」とか「時効援用の手紙なんて届いていない」と言われてしまったら、
こちらから援用した証拠が残らないので時効にすることができません。
 
このような言った言わない的なトラブルを避けるためにも
ちゃんと時効援用した証拠を残すことが重要となるからなんですね。
 
ちなみに郵便局のサービスで配達証明(いつ配達されたかという証明してくれるもの)というものあるので合わせて利用するといいでしょう。
 
それでは時効援用をするための具体的な方法について説明しますね。
 

時効援用の準備をしましょう

 
時効援用前に準備するものは、
内容証明郵便の書式に合わせた時効援用通知書になります。
 
内容証明は形式が決まっていて1枚の用紙に書ける文字数が決まっていて
 

【縦書き】
1枚 1行20文字×26行まで
【横書き】
1枚 1行20文字以内×26行まで又は1行13文字以内×40行

 
となっています。
 
上記のルールにそった時効援用通知書を3通(全く同じ内容のものを)用意します。
 
時効援用通知書の書き方については、
インターネットで検索すると見本などたくさん出てくるので参考にしてみてください。
 
 
時効援用通知書の準備ができたら
郵便局で内容証明郵便と配達証明の手続きをして相手に送るだけです。
 
ただ、内容証明郵便を取り扱っていない郵便局もあるそうなので、
行く前には事前に確認をしておいたほうがいいかもしれませんね。
 
自動車ローンの時効援用にかかる費用は大体1,500円〜2,000円ぐらいです。
 
時効援用手続きをする前には
書類に誤字脱字がないかとかちゃんと確認してから行くようにしましょう。
 
 
これで時効の援用は完成となります。
 
時効援用は難しいことではないんですけど、
私の場合は書類を作るのが苦手でどうしても時効援用通知書を書くことができませんでした。
 
そこで私のように書類作成が苦手な人や
仕事や家事で忙しく手続きする時間がない人の為に、
時効援用をプロに依頼してやってもらう方法をご紹介しようと思います。
 
 
自分で時効援用手続きができるよと言う方は
読み飛ばしてもらって先に進んでくださいね。
 

時効援用はプロに依頼することもできる

sjrjikoen4
 
時効援用を専門家にお願いして代行してもらう事ができるんです。
 
つまり時効援用の全てをプロにおまかせできるということになりますね。
 
時効援用の専門家とは、弁護士・司法書士・行政書士です。
 
私はどうしても書類をつくる自信がなかったので
司法書士に依頼して自動車ローンを時効援用しました。
 
時効援用をお任せすると
 

・自分の借金が時効になっているのか(時効期間が過ぎているか)調べてくれる。

・時効援用に必要な書類を作成してくれる

・内容証明郵便など郵便局での手続きをしてくれる

 
などしてもらうことができます。
 
仕事や家事で忙しく時効援用手続きをする時間がない人や
私のように時効援用するための書類作成が苦手な人にはオススメです。
 
法律事務所によっては、
書類作成はしてくれるけど自分で郵便局へ行って手続きしないといけないこともあるようなので、
お願いする前に事前にどこまでやってもらえるかなど確認しておいた方がいいかもしれませんね。
 
プロにお願いした場合の費用は、
時効援用先1件あたり30,000円から50,000円が相場となっているようです。
 
最近では多くのところで事前の無料相談がありますので、
時効援用をお願いしたいと思ったら一度気軽に相談してみるのもいいのではないでしょうか。
 
時効援用を代行してくれる専門家を探す方法は、
インターネットで調べたり、法テラスや地域の弁護士会・司法書士会に連絡するなど様々あります。
 
私は自分の作った書類で時効に失敗したくないという思いもあったし、
時効援用すること自体が初めてだったので色んな不安があったけど
プロに相談しやってもらえたことでとても安心できたので依頼してよかったと思っています。
 
時効援用で不安や心配事がある人は専門家に協力してもらうのもいいですよ。
 
 
ここまで時効援用をするための方法について解説してきましたが、
ご理解いただけましたでしょうか?
 
先程も少し言いましたが、時効の援用自体はそれほど難しいことではありません。
 
しかし時効援用をする前に注意しておかないと
時効に失敗してしまう可能性があることがあります。
 
次は時効に失敗しないように注意しないといけないことについて説明していきますね。
 
借金の時効でとても大切なことなのでチェックしてみてください。
 

時効援用する前に注意するべき事

sjrjikoen5
 
時効援用をする前に下記のようなことがなかったもう一度確認してみてください。
 

・裁判所から借金の請求が届いている

・時効になるための期間中(時効期間中)に一度でも支払をしてしまった。

・時効期間中に債権者に電話して「◯◯日なら返済できます」とか「1,000円なら払えますよ」など言ってしまった。

 
上記のようなことが時効期間中にあった場合は、
一度時効期間がリセット(1からに戻る)されてまた5年経過しないと時効になりません
 
このように時効期間を戻される行為を時効の中断事由といいます。
 
時効の中断事由がある場合には
時効援用をしても時効期間をクリアしていない可能性があるので時効にはなりません。
 
必ず時効援用前にチェックするようにしましょう。
 
自分で時効の中断があるかないか分からない場合は、
弁護士か司法書士に相談して確認してもらうと言う方法もありますよ。
 
時効の中断事由に当てはまらないようにするには、
貸主から督促状や請求書が届いたからといって
あわてて相手に電話など連絡をしないことがベストです。
 
次は万が一時効の中断があると知らずに援用して
時効に失敗してしまったらどうすればいいのかなど対処法についてまとめてみました。
 

もし時効に失敗してしまった場合の対処方法

sjrjikoen8
 
時効に失敗する可能性があるのは
 

・時効期間がそもそも経過していなかった(自動車ローンは5年)

・時効期間中に時効の中断事由があり時効期間が延びていた。

・時効援用通知に不備が多く相手に認められなかった

 
などが考えられます。
 
時効に失敗したけどこの借金はどうしても時効にしたいという場合は、
また時効期間が過ぎ去るのを待つしか方法はありません。
 
時効期間が中断されて元に戻されることはありますが、
時間が早く進むことはありません。
 
もし時効に失敗してしまったら、他の借金解決方法も考えてみてください。
 
例えば債務整理や過払い金請求なども方法はありますね。
 
一人で借金のことを考えるのはとても辛いことだと思います。
 
私も借金で苦しい思いをしたことがあるのでわかるのですが、
人に借金の話をするのは恥ずかしいんですけど、
いくら悩んでいても解決することはありません。
 
専門家にアドバイスをもらったり相談するだけで気持ちも楽になりますし
ゴールも見えてくるので賢くプロを活用するのも1つの手だと思いますよ。
 

自動車ローンを時効援用する方法についてまとめ

sjrjikoen6
 
自動車ローンの時効援用についてまとめてきました。
 
私はローンを時効にしたことで、
家に督促状も届くことがなくなり借金前の生活に戻ることが出来たのでとても安心しています。
 
ただ時効援用をする前はやっぱり「借り逃げ」するのは辛いなぁとか
借金を時効にすることを周囲の人に知られたらいやだなぁとか色んな不安がありました。
 
借金の時効は法律で定められた制度ですし借金問題で本当に困っているなら
とても生活の助けになりますので利用してよかったと思っています。
 
あなたの自動車ローンも時効にすることで
今後より豊かな生活が送れるようになれば嬉しいです。